ケミカルピーリングとターンオーバー

ケミカルピーリングというのは、古い角質や毛穴汚れを取り除いてターンオーバーを促すスキンケアの方法です。台所用品でピーラーというものがありますが、これは皮むきであるように、ピーリングというのは皮膚の表面の古い角質をはがしていくことです。古い肌が新しい肌に入れ替わりますから、肌の色も明るくなり、古い肌がもっていた肌トラブルの改善に効果があります。

 

ケミカルピーリングは基本的に医療機関で行うべきで、市販のピーリング剤などを自分で使うこともできますが、強さの調節やアフターケアが難しいので、失敗するリスクを考えると専門家にお願いする方が良いだろうと思います。

 

ケミカルピーリングは基本的にそれが肌を美しくするという性質のものではなく、肌表面の古い角質をはがすだけですから、その後どれだけ肌が良い状態にできるかということについては、本人のターンオーバーがどれだけ機能するかにかかっています。

 

ですから、ケミカルピーリングを行った後は、しっかり保水をしたり美容液によって肌に栄養成分を注入してあげてターンオーバーを促すようにすることが大事で、そのまま放置するだけでは思ったような効果が出ないことが多いです。

 

ターンオーバーを利用するため、ニキビ跡だけでなく多くの肌トラブルに有効ですが、肌質が弱い人の場合は失敗すると大きく肌にダメージとなってしまいますので注意が必要です。もしも異常を感じたら、速やかに病院で受診するようにしましょう。

ページの先頭へ戻る